エステや美容皮膚科などでの脱毛の現状について

脱毛する時の準備

脱毛ができない人とは

どんなムダ毛やどんな肌質の人でも脱毛ができるわけではなく、中には脱毛が出来ない人もいます。向いていないのが肌の色が極端に濃い人、そして白髪や色素が薄い毛の人などです。特に肌を日サロなどで極端に真っ黒に日焼けをしていると、大抵の場合施術を断られます。極端に日焼けした肌や乾燥した肌は、レーザー脱毛を照射するとダメージを負いやすいからです。脱毛したいなら、元の肌色に戻してからになります。 また、白髪や色素が薄い毛が脱毛できないのも常識です。機種によっては細かい金色の産毛も施術できないことがあります。また、顔の中でも目の周りは脱毛できない事が多く、たいていは頬骨から下に生えいるムダ毛が施術の対象となります。

快適に利用するために準備すること

脱毛をする前日はアルコールを控え、当日は体温が上昇する運動は控えたほうが無難です。また、当日までにしておくこととしてムダ毛剃りがあります。エステサロンの場合でもクリニックの場合でも、ムダ毛を電気シェーバーやカミソリで剃って手入れしておくことが基本です。ただし、ニードル脱毛の場合はムダ毛を一定に生やしておく必要があります。また、背中やうなじ、デリケートゾーンなど自分で手入れしにくい部位は、やらなくてもサロンスタッフが代わりに処理してくれます。 脱毛をする時は店内で専用のガウンなどに着替えます。従って脱ぎやすい服装で行くことをお勧めします。帰りは紫外線を肌に晒さないような格好で帰宅することも重要です。